TIPS お役立ち情報

サービスアパートメントとマンスリーマンションの違いを解説!

サービスアパートメントとマンスリーマンションは、長期出張や仕事の都合で長期滞在する場合に人気の入居先です。どちらも生活に必要な設備が揃っているため、衣類などの荷物だけで生活を始められる魅力があります。

表面的なメリットが似通っているため、サービスアパートメントとマンスリーマンションのどちらを利用すべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、サービスアパートメントとマンスリーマンションの特徴や違い、サービスアパートメントに滞在するメリットを解説します。また、サービスアパートメントに申し込む際の流れも紹介するため、ぜひ参考にしてください。

1.サービスアパートメントとマンスリーマンションの違いとは?

サービスアパートメントとマンスリーマンションの違いを知るためには、まずは両者の特徴を知っておく必要があります。どちらも賃貸住宅であり、設備面などで共通している面も少なくありません。

ここでは、それぞれの特徴と違いについて詳細に説明します。物件情報を選ぶ際には、ぜひ活用してください。

1-1.サービスアパートメントとマンスリーマンションの特徴

サービスアパートメントとマンスリーマンションは、どちらも賃貸借契約を交わすことで一定期間入居できる仕組みとなっています。
サービスアパートメントとマンスリーマンションの特徴は、下記の通りです。

〇サービスアパートメントの特徴

  • 生活に必要な家具家電付きの他、ホテルのような内装が整えられている
  • ルームクリーニングやリネン交換など、ホテルに似たメンテナンスサービスがある
  • 駅近くなど通勤に便利な立地が多い

サービスアパートメントは、広い居住空間とホテルに近いサービスを兼ね備えています。サービスアパートメントは、出張者・外国人駐在員などの中長期滞在用として利用されており、快適な暮らしを実現できることが魅力です。
立地はアクセス良好なところが多く、仕事上の利便性も十分となっています。

〇マンスリーマンションの特徴

  • 生活に必要な家具家電が用意されている
  • 自宅と同様の使い方ができる
  • 単身者向けのワンルーム物件が多い

マンスリーマンションは手軽に利用できる賃貸物件です。家族向けの物件もありますが、基本的にワンルーム物件が多く、単身者の短期滞在用などを中心に利用されています
生活に困らないだけの家具家電が設備として付属している他は最低限のサービスとなっており、安価に物件を借りたい方に適した物件です。

1-2.サービスアパートメントとマンスリーマンションの違い

サービスアパートメントとマンスリーマンションの違いは、下記の通りです。

サービスアパートメント マンスリーマンション
利用料金相場

■サービスアパートメント

月額20~30万円

■マンスリーマンション

月額7万~15万円程度

光熱費や管理費

■サービスアパートメント

月額料金に含まれる

■マンスリーマンション

別途支払う必要がある
光熱費:月額12,000円程度
管理費:月額15,000円程度
寝具:オプションで別途費用あり

サービス内容

■サービスアパートメント

コンシェルジュサービスやルームクリーニングサービスがある

■マンスリーマンション

入居後はカスタマーサポートのみ

部屋以外の設備

■サービスアパートメント

ジム・レストランなどがある

■マンスリーマンション

部屋以外に利用できる設備はない

物件数が多いエリア

■サービスアパートメント

東京・大阪など大都市圏

■マンスリーマンション

全国各地の都市部

お布団など寝具、リネン類、食器類 SAなどの用意

■サービスアパートメント

最初から用意がある

■マンスリーマンション

オプションとして別途料金

東京を始めとする大都市圏のサービスアパートメントでは、コンシェルジュ・クリーニングサービスやジム・スパが完備されているところもあり、ラグジュアリーな生活を楽しむことができます。

一方で、マンスリーマンションは部屋を借りることが目的であることから、利用できるサービスを絞っているため、安価に利用できます。
両者の選択に迷っている方は、自分の滞在スタイルや滞在期間を考えて選びましょう。

サービスアパートメントとマンスリーマンションには、共通している点もあります。

  • 備え付けの家具家電がある
  • 入居には賃貸借契約の締結が必要となる
  • 高いルームセキュリティがある

入居する物件を選ぶ際、備え付けの家具家電について気になる方は多いでしょう。物件により設備内容は異なるものの、基本的に以下の設備が備え付けられています。

  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 洗濯機
  • テーブルや椅子
  • ベッド
  • クローゼット
  • インターネット接続環境やWi-Fiなど

サービスアパートメントでは、上記に加えて寝具、リネン、食器、キッチン用品などの生活必需品が最初から用意されていることが特徴です。

2.サービスアパートメントに滞在するメリット

サービスアパートメントは、利用者の生活を充実させるためのさまざまなサービスが魅力です。ここでは、サービスアパートメントに滞在するメリットを紹介します。

・広い室内と高級感ある内装でパートナーとも同居できる

多くのサービスアパートメントでは、部屋面積が50平方メートル以上と、1部屋あたりの面積を大きく取っています。リビング・ダイニングが広いため、パートナーなど2名以上で同居する場合も居住空間が狭くなりません。
また、多くのサービスアパートメントでは、ソファやラグといった家具や調度品が、高級ホテルの貸室のように、お部屋との調和を前提にデザインされています。ハイセンスで高級な雰囲気の中で毎日の生活を豊かなものにできます。

・定期的なクリーニングサービスで清潔感ある暮らしができる

定期的にルームクリーニング・リネン交換が行われるため、清潔な状態でサービスアパートメントを利用できます。自分で行う掃除は簡単に済ませるだけでよく、自分の時間を大切にしたい方におすすめです。

・ジムなどが併設されているところもある

サービスアパートメントの中には、ジムやスパ・サウナなどの施設を併設しているところもあります。ジムやスパ・サウナを利用することで、ストレスの発散や、疲れをリフレッシュさせることが可能です。
サービスアパートメントは、仕事も生活も充実させたいという方におすすめといえます。

3.サービスアパートメントに申し込むときの流れは?

サービスアパートメントを利用する場合、物件の運営会社に問い合わせて利用申し込みすることが一般的です。
ここでは、サービスアパートメントに申し込むときの流れを4ステップに分けて解説します。

①空室問い合わせを行う

まず、申し込みたい物件に空室があるかを問い合わせしましょう。運営会社の電話番号か、Webサイト上にある専用フォームから問い合わせすることが可能です。
問い合わせ後に、運営会社から物件の空室状況が提供されます。

②申し込みと入居審査を行う

希望する物件に空室があった場合、利用申し込みを行います。また、サービスアパートメントは、基本的に内覧が可能です。可能であれば内覧も行いましょう
申し込み時には提出書類があるため、忘れず用意してください。提出書類をもとに入居審査が行われます。

③賃貸借契約を交わす

入居審査を通過できたら賃貸借契約手続きを行います。契約時には申込書や初回賃料・保証金などが必要となるため、忘れないようにしましょう。

サービスアパートメントの契約時に必要となる賃料や保証金は、基本的に銀行振込またはクレジットカードにて一括前払いとなっています。物件によっては、分割払いに対応しているところもあるため、事前に確認しておきましょう。

④入居する

契約が完了すると、いよいよ入居です。入居時に、鍵の受け渡しや施設の案内、ハウスオリエンテーションが行われます。
入居直後は部屋の設備や間取りに不備がないかを確認して、荷ほどきを行いましょう。

4.「エル・セレーノ大阪堂島レジデンス」が注目を集める理由

「エル・セノーレ大阪堂島レジデンス」は、梅田の徒歩圏にある「都会のオアシス」をコンセプトとしたサービスアパートメントです。エル・セノーレ大阪堂島レジデンスは、2020年に誕生したばかりのため新しいうえ、イタリアンブランドの家具やハイスペックな家電、設備が用意されており、ハイセンスでゆとりある暮らしができる空間として注目されています。

・ビジネス・レジャーの両方に便利な立地

JR大阪駅徒歩11分、地下鉄西梅田・阪神梅田駅、JR東西線北新地駅へは徒歩5分とビジネスにもレジャーにも利便性が高い立地であることが魅力です。周辺にはショッピング施設や公園が多く、休日のレジャーも楽しめます。

・ホテル上層階にありホテルの施設も利用可能

エル・セノーレ大阪堂島レジデンスはホテル上層の14F~16Fにあります。ホテルの2Fにはジムやレストラン・ラウンジ・バーがあり、レジデンス入居者も利用可能です。ただし、一部の施設は宿泊ゲストのみの利用制限があります。

・家具ブランドが監修したモダンな室内

レジデンス全室が、有名イタリア家具ブランドの正規代理店によるデザインです。洗練された家具と内装が、滞在中の暮らしに癒しを添えてくれます。

エル・セレーノ大阪堂島レジデンスは、滞在中の住まいに求めたい利便性・快適さ・安心感をハイレベルで満たしています。大阪でサービスアパートメントを探している方は、エル・セレーノ大阪堂島レジデンスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

サービスアパートメントの特徴は、豊かな暮らしを楽しめる設備がある他、ルームクリーニングやリネン交換といったホテル並みのサービスを整えていることです。中には、ジムなどを併設しているところもあり、マンスリーマンションのように住居だけを提供している短期滞在型住宅とは大きな違いがあります。

サービスアパートメントを選ぶ際は、滞在するメリットが最大限味わえる物件を探しましょう。エル・セノーレ大阪堂島レジデンスは、JR大阪駅や各線梅田駅からアクセス良好な立地にあり、ジムやレストランなど設備も充実しています。
ビジネス・暮らし・レジャーの満足度を高めたい方は、エル・セノーレ大阪堂島レジデンスの利用も候補の1つに入れてみてはいかがでしょうか。