TIPS お役立ち情報

ホテルで生活するメリット・デメリットと費用例を徹底解説!

ホテルの使用例には、旅行で一時的に宿泊する以外にも、長期間滞在して生活する例があります。非日常といえるホテルの空間で、家事などに煩わされず生活したいと考える方も多いのではないでしょうか。

ホテルでの生活を考えている場合は、ホテル暮らしのメリットだけでなくデメリットも把握することが重要です。費用例も併せて確認し、ホテル生活のイメージが想像できるようにしましょう。

今回は、ホテルで生活するメリット・デメリットを解説します。生活にかかる費用例、費用を抑えたいときにおすすめの方法も紹介するため、ホテル生活が向いているかどうか判断したい方は参考にしてください。

1.ホテルで生活するメリット・デメリット

著名人の中にはホテルで生活している方も多く、ホテルでの生活は優雅な暮らしといったイメージを持つ方も多いでしょう。しかし、ホテルでの生活はメリットだけでなくデメリットもあるため、両面を把握した上で検討することが大切です。

ここでは、ホテルで生活するメリット・デメリットをそれぞれ4つ紹介します。

1-1.メリット

ホテルで生活するメリットとしては、気軽に生活できる環境があることや生活上の利便性などが挙げられます。

◯1つの住居に縛られない生活ができる
ホテルでの生活は一般的な生活と異なり、住宅ローンや敷金・礼金が発生しません。一泊の宿泊料金を滞在日数分支払う費用形態であるため、いつでも暮らし始めることができ、いつでも退去できます。自分の気に入ったところで暮らせる点は大きな魅力です。

◯基本的な家具や家電が揃っている
ホテルにはテーブル・クローゼット・テレビ・エアコンなど、基本的な家具や家電が揃っています。生活に必要なものを自分で用意する必要がほとんどなく、すぐに快適な暮らしを始めることが可能です。

◯清掃サービスやルームサービスを受けられる
ホテルではスタッフが部屋の掃除を行ったり、ベッドメイキングしたりといったサービスがあるため、家事に煩わされる心配はありません。有料ではあるものの、ルームサービスで夜食やランドリーサービスを利用することもできます。

◯ホテル内に設置された施設を利用できる
ホテルにはレストランだけでなく、トレーニングジムやスパなどの施設が揃っているホテルもあります。一般的な宿泊客と同じサービスを受けられるため、ホテル内に設置された施設が利用可能です。

1-2.デメリット

ホテルで生活するデメリットには、生活するためにかかる費用やホテル暮らしならではの不便な点があります。

◯費用が高い
ホテルで生活する場合でも、一般的な宿泊客に比べて宿泊費用が割り引かれることはありません。ホテルに長期滞在すると宿泊料金が滞在日数分だけかかり、費用も高くなります。ホテルで生活する場合にかかる費用は、賃貸などに比較して割高であるケースがほとんどです。

◯隣室や廊下の音が聞こえやすい
ホテルの客室は居住を目的としていないため、一般的な住居に比べると壁や床が薄くなっています。隣室から会話が聞こえたり廊下を歩く音が聞こえたりなど、騒音が気になりやすい点はデメリットです。

◯自炊に向かず、外食が多くなる
基本的に、ホテルの客室にはキッチン設備がありません。自炊を行えないため、食事はホテル内のレストランなど外食が多くなります。自炊に比べて食費が余分にかかるだけでなく、栄養バランスが偏りやすい点も問題です。

◯住民票の登録ができない場合もある
ホテルで生活する場合、ホテル所在地が住民票の登録場所として認められないケースもあります。住民票の登録手続きができない場合、公的サービスの利用や郵便物配達などで不便が生じることもあるでしょう。

2.ホテルでの生活にかかる費用例

実際にホテルで生活する場合の費用に関して、1泊5,000円のホテルで1ヶ月生活した場合の費用例を紹介します。

費用項目 費用目安
宿泊費用 15万円
食費 9万円
ランドリー料金 3万円
合計 27万円

宿泊費用は1泊5,000円を30日分と計算して15万円です。宿泊費用には水道光熱費・通信費など、ホテルの基本サービス料金も含まれています。

食費は1食あたり1,000円として計算した場合であり、30日分90食で9万円です。食費は節約すれば抑えられるものの、ホテル暮らしでは自炊が難しいため、1食あたり500円以上はかかると考えてください。

ランドリー料金はホテルによって相場が異なるものの、Yシャツが400円、下着・シャツ・靴下などは200円程度です。1日あたり1,000円のランドリー料金がかかると計算して、1ヶ月で3万円がかかります。

以上を合計して、ホテルで1ヶ月生活した場合にかかる費用は27万円、他の雑費も含めると30万円程度が相場となるでしょう。ホテルのランクや宿泊プラン、立地条件によっては宿泊費用が高額となるため、紹介した例以上に費用がかかることもあります。

3.費用を抑えたいならサービスアパートメントがおすすめ!

費用を抑えて快適なホテルで生活したい場合は、サービスアパートメントを利用することも1つの方法です。サービスアパートメントとはマンスリー契約で利用できる賃貸物件であり、ホテルのような住まいで比較的安く生活ができます。
サービスアパートメントが持つ3つの特徴は以下のとおりです。

◯家具・家電付きなど生活に必要なものが揃っている
サービスアパートメントではテレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機など、生活する上で必要な家具・家電やインテリアが備え付けになっています。そのため、入居してすぐに快適な生活を始めることが可能です。

◯室内で料理や洗濯ができる
調理器具や洗濯機が備わっていることから、サービスアパートメントは料理や洗濯を自分で行えます。食材を自分で購入して自炊ができるため、食費を抑えることが可能です。

◯ルームクリーニングやベッドメイキングのサービスがある
一般的なアパート・マンションとは異なる点が、スタッフによるルームクリーニングやベッドメイキングといったサービスがあることです。毎日生活していても室内が清潔に保たれるため、快適な生活が送れます。

4.サービスアパートメントを利用する際に注意すべきポイント

サービスアパートメントを利用する場合は、以下のポイントに注意してください。

  • ◯物件数が少ない
    サービスアパートメントは日本ではまだ馴染みの薄い施設であるため、物件数が少ない状況です。基本的に東京・大阪などの大都市圏でしか提供されていません。
  • ◯予約が取りにくい
    物件数が少ない分、予約が取りにくいことに注意してください。駅徒歩圏内など立地のよい人気物件は空室が埋まりやすく、申込から入居まで時間がかかるケースもあります。
  • ◯一般的な賃貸と比較すると費用がやや高めとなる
    家具・家電が備わっていてルームクリーニングなどのサービスもあるため、一般的な賃貸マンションよりも費用がやや高めとなります。ホテルでの生活よりは安くなるものの、費用を極力抑えたい方は注意してください。

サービスアパートメントは、ホテルのように快適な空間をホテルより安い費用で利用したい方におすすめです。紹介した3つのポイントに注意して、おしゃれな生活が送れるサービスアパートメントを探してみましょう。

まとめ

今回は、ホテルで生活するメリット・デメリットや生活にかかる費用例、他におすすめの滞在方法を解説しました。

ホテルで生活するメリットは、一般的な住居よりも快適に生活できることです。しかし、費用が高いだけでなく、防音性の低さなど居住には向いていないデメリットもあります。とくに費用面では宿泊費用だけでなく、食費やランドリー料金もかかるため注意してください。

ホテルのように快適な生活を比較的安く利用したい場合は、サービスアパートメントがおすすめです。サービスアパートメントとホテルのどちらが利用しやすいかを比較検討して、快適に生活できる物件を選んでみましょう。