TIPS お役立ち情報

マンスリーマンションの家賃相場・費用内訳をわかりやすく解説!

出張や単身赴任のために利用する賃貸物件を探している人にとって、短期滞在できるマンスリーマンションは有力な選択肢です。必要最低限の家具家電は最初から備わっており、ある程度の着替えと手荷物を持ち込めばすぐに生活を始められます。

とはいえ、マンスリーマンションの利用を検討している場合、家賃がいくらかかるのかは気になるポイントでしょう。

今回は、東京・大阪・福岡におけるマンスリーマンションの家賃相場と、費用内訳を解説します。物件探しで失敗しないよう、費用・サービスともに最適な滞在先を探しましょう。

1.【エリア別】マンスリーマンションの家賃相場

マンスリーマンションの家賃相場はエリアによって異なります。
一見すると家賃が安いと感じても、別エリアから見ると高いケースがあるため、他エリアの家賃相場とどのくらい違いがあるのかを知っておくことは大切です。

以下では、代表的な大都市である東京・大阪・福岡のエリアごとに、マンスリーマンションの家賃相場を紹介します。

1-1.東京

東京都内は地価が高く、マンスリーマンションの家賃相場も高いことが特徴です。

以下の表は、マンスリーマンションを運営する企業を調査して得た、東京におけるマンスリーマンションの家賃相場です。
他エリアでは高い価格帯であっても、東京の中では安いというケースもあります。

1か月の家賃相場 約12万~18万円

東京では、家賃が10万円を下回る格安物件はあまりありません。
一方で、設備にオートロックや防犯カメラがある、ペット可・防音性が高いなど好条件なところは家賃が高く、高級物件となっています。

1-2.大阪

大阪は東京と並ぶ人口過密エリアであるものの、マンスリーマンションの家賃相場は低く抑えられていることが特徴です。

大阪におけるマンスリーマンションの家賃相場は、以下の表で示す通りです。
高い価格帯であっても12万円程度で物件が見つけられます。

1か月の家賃相場 約8万~12万円

大阪で物件を探す際は、立地や周辺環境が家賃相場に影響することも知っておきましょう。
一例を挙げると、大阪駅や梅田駅がある北区は家賃相場が比較的安く、繁華街やビジネス街がある中央区の家賃相場は高い傾向にあります。
大阪の物件探しでは、地域ごとの特徴を把握することが重要です。

1-3.福岡

福岡県では福岡天神や博多など、マンスリーマンションの多い地域がいくつかあります。

福岡全域におけるマンスリーマンションの家賃相場を見てみると、以下の通りです。

1か月の家賃相場 約9万~12万円

他エリアと比較すると大阪に近い家賃相場であるものの、価格帯の下限は大阪よりやや高いことがわかります。価格帯の上限は大阪と同程度であるため、設備が充実した物件に入居したい人にとっては理想的なエリアといえます。

2.マンスリーマンションにかかる費用の内訳

マンスリーマンションを利用する際、敷金・礼金・保証金・仲介手数料といった初期費用は必要ありません。
ただし、家賃以外に生活する上でかかる各種費用が発生するため、注意が必要です。

以下では、マンスリーマンションを利用する上で必要となる費用の内訳を紹介します。

2-1.水道光熱費

水道・ガス・電気を利用する上でかかる水道光熱費は、マンスリーマンションでは1日あたりの定額制で料金が設定されています。基本的に月額で請求されることが多いものの、水道光熱費が家賃に含まれているケースもあるため、入居前に確認しておきましょう。

マンスリーマンションにおける水道光熱費の費用相場は、月額で24,000円程度です。
ただし、電気や水道は使用量が多すぎると追加料金を請求される可能性もあるため、注意してください。

また、マンスリーマンションの水道光熱費は1人あたりの料金で表示されています。
自分以外にパートナーや子どもも住む場合、水道光熱費は家族人数に応じて追加料金が発生することは覚えておきましょう。

2-2.清掃費

清掃費とは、退去した部屋を清掃業者にクリーニングしてもらうための利用費用です。
クリーニングは入居者の退去後に行うものの、清掃費は入居時に請求されます。

清掃費の金額は、利用期間によって変わる場合と変わらない場合があるため、賃貸契約前に清掃費について尋ねておきましょう。清掃費が利用期間によって変わる料金システムの場合、1か月以内・3か月以内・7か月以内・1年以内の区切りで変動することが一般的です。

また、入居人数が多いと部屋も汚れやすくなるため、清掃費も上乗せされる可能性があります。

2-3.管理費

管理費とは、共用部分や建物自体の維持費・修復費に充てられる費用です。

共用部分は、廊下・階段・ゴミ捨て場・エレベーターなど、住人全員が利用できる設備を指します。共用部分にあたる設備が多いと、管理費も高くなる傾向があります。

マンスリーマンションの管理費は、1日あたりで料金計算していることが一般的です。
物件によっては管理費の支払いが必要ないところもあります。

2-4.通信費

通信費とは、インターネット利用料金のことです。
マンスリーマンションでは基本的にインターネット環境が整えられています。

通信費は家賃に含まれていることが多いものの、物件によっては有料オプションとして設定されているところもあります。有料オプションの場合は、契約時に手続きしなければインターネットが使えないため、注意してください。

マンスリーマンションの通信費を見る際は、契約しているプロバイダや回線種別についても事前に調べておきましょう。Wi-Fiを利用する場合は、通信量の上限も確認する必要があります。

2-5.その他の費用

その他の費用とは、主にマンション運営会社のサービスを利用する際にかかる費用項目です。

例を挙げると、以下のサービスにかかる費用が「その他費用」として請求されます。

  • 寝具セットのレンタル費用
  • 食器類のレンタル費用
  • 鍵交換費用
  • サポートサービス費用

物件情報を見たときに賃料が安い物件であっても、便利なサービスを利用すると総額費用が高くなるケースも少なくありません。
マンスリーマンションの費用計算を行う際は、家賃以外にかかる各種費用も含めて考えましょう。

3.マンスリーマンションは安いが部屋以外に利用できる設備がない

マンスリーマンションを利用するメリットは、物件を短期利用したいときに比較的安い家賃で入居できることです。
その半面、入居する部屋以外に利用できる設備がない点は、マンスリーマンションのデメリットといえます。

たとえば、ホテルであれば設置されているレストランやジム・プールといった施設は、マンスリーマンションにはありません。マンスリーマンションの部屋は生活するためだけの拠点となり、自宅以外に滞在して生活することの楽しさは味わえないでしょう。

また、入居するマンションや部屋によっては、ホテルなどと比べて内装に高級感が乏しいケースもあります。
部屋内装のデザインを重視する人や、ジム・スパなどを日常的に利用するラグジュアリーな生活を希望する人には、マンスリーマンションはあまり向いていません。

4.高級感を味わいたいなら「サービスアパートメント」

「設備・備品はもちろん部屋のデザインにもこだわりたい」「ホテルのような高級感のある暮らしを味わいたい」という場合は、サービスアパートメントの利用がおすすめです。

サービスアパートメントは室内が広く、ソファなどの家具や内装にも高級感があります。
レストランやジム・スパなど人気の施設が併設されているところもあるため、利用者はホテルのようなラグジュアリーな暮らしを楽しむことができます。

また、大阪梅田のサービスアパートメントを利用したいと考えているのであれば、梅田徒歩圏にある高級路線のサービスアパートメント「エル・セレーノ大阪堂島レジデンス」がおすすめです。

「エル・セレーノ大阪堂島レジデンス」では、ルームクリーニング・リネン交換といったクリーニングサービスを定期的に行っています。
それだけでなく、「カッシーナ・イクスシー」監修の家具・家電の備え付け・ホテル併設のジムの利用無料など、高級路線ならではの魅力を持っています。

高級感を味わいながら、安心・快適に過ごしたい人は、「エル・セレーノ大阪堂島レジデンス」をぜひご利用ください。

まとめ

マンスリーマンションの家賃相場はエリアによって異なります。
東京は約12万~18万円と比較的に高く、大阪は約8万~12万円、福岡は約9万~12万円です。

家賃以外に水道光熱費・清掃費・管理費・通信費などもかかるため、マンスリーマンションの費用面を見る際は家賃と各種費用の合計料金で考えましょう。

高級感を味わいたい人は、各種サービスが充実している大阪梅田の「エル・セレーノ大阪堂島レジデンス」がおすすめです。
ホテルに併設されているサービスアパートメントなため、ホテルの設備も利用でき、ラグジュアリーな生活を送れるでしょう。