TIPS お役立ち情報

マンスリーマンションのメリットは?デメリットや別の滞在方法も紹介

マンスリーマンションは、家電が備え付けであったり、契約手続きが簡単であったりするなど、さまざまな特徴があります。そのため、短期滞在の際は滞在先の選択肢に、マンスリーマンションが含まれている方も多いでしょう。

そこで本記事では、マンスリーマンションのメリットについて紹介します。また、メリットだけではなくデメリットも紹介するため、マンスリーマンションでの滞在を考えている方は参考にしてください。

メリットとデメリットの両方を確認することで、滞在目的や予算などに合った滞在先を見つけましょう。

1.マンスリーマンションを利用する3つのメリット

ホテルなどの代わりに、マンスリーマンションを利用したいと考えている方は多くいます。マンスリーマンションはビジネスホテルや一般賃貸物件などと比べて、どのような点が優れているのでしょうか。

ここでは、マンスリーマンションのメリットを3つ紹介するため、参考にしてください。

1-1.初期費用や諸経費を節約できる

マンスリーマンションは敷金・礼金や保険料などの初期費用が必要ありません。そのため、引越す際に高額な初期費用を節約することが可能です。
さらに、マンスリーマンションには家具や家電が備え付けられており、電気・水道・ガスといった光熱費やインターネット回線の利用料金も含まれています。

備え付けられている家具や家電は、ベッド・食器棚・テレビ・洗濯機・冷蔵庫など大型家電が中心です。自分で揃えるとなると搬入にも手間がかかるため、引越し費用も大幅に節約できます。
実際にスーツケーツ1つで引越しすることが可能で、入居したその日から普段通りの生活を始められます。

1-2.入居手続きがスムーズに終わる

通常、賃貸契約の際にはさまざまな書類の記入が必要ですが、マンスリーマンションの契約時は多くの場合、身分証のみで入居手続きが完了します。
中には家賃の振込があれば入居できる物件もあり、入居審査が設けられていない場合もあります。
そのため、入居手続きをスムーズに終わらせることができ、煩わしい書類への記入や保証人の確保について考えなくとも良い点はメリットといえるでしょう。

また、一般的な賃貸契約の場合は契約期間が定められていますが、マンスリーマンションは月ごとの更新でも問題ありません。

1-3.インターネットが完備されている

インターネットを入居後すぐに利用できる点も、マンスリーマンションの魅力です。
通常、賃貸物件を契約して入居する際は、自分でインターネット回線を契約しなければなりません。インターネットの利用開始までに、回線工事などで数日〜数週間は待たなくてはならなかったり、工事の立会いが必要であったりするなど、何かと面倒なことがあります。

その点、マンスリーマンションであれば、すでにインターネット回線が敷かれているため、入居後すぐにインターネットの利用が可能です。出張や仕事で短期滞在する場合でも、不便さを感じることがありません。

2.マンスリーマンションを利用する6つのデメリット

マンスリーマンションの利用は、メリットばかりではありません。マンスリーマンションは初期費用が節約でき、手続きが簡単な一方で、いくつかデメリットが存在します。

ここでは、マンスリーマンションの利用によって生じるデメリットについて、解説するため参考にしてください。

2-1.一般的な物件よりも家賃は高い

マンスリーマンションはその名前の通り、月単位で数ヶ月間滞在することを想定しています。最初から備え付けの家具・家電などがあり初期費用が安いため、数ヶ月の滞在であれば一般的な賃貸物件を契約するよりもコストを低く抑えられます。

しかし、半年以上など長期的な利用を想定した場合は、一般的な物件を契約するよりもコストが高くなるケースがあります。
また、マンスリーマンションは敷金がない一方で、退去時に清掃費などが請求される場合があるため、総合的に見て費用がかさむことも考えられます。

2-2.部屋の内見はできない

一般的な賃貸物件の場合は、内見を行い部屋の広さや日当たり、設備などを確認できますが、マンスリーマンションの場合は内見できない場合が多々あります。
そのため、家賃入金後に部屋を見て、イメージとは違った場合でも契約した期間は解約が困難です。

契約の際は、事前にホームページなどで間取りや設備などの情報を確認し、物件の周辺情報なども調べておく必要があります。

2-3.室内インテリアは選べない

一般的な賃貸物件であれば、家具・家電は自分で選ぶため、自分の好きなインテリアを揃えることができます。
しかし、マンスリーマンションの場合は全て備え付けとなるため、室内のインテリアは自分で選べません。また、家具・家電が旧式で古いこともあります。

ベッドや冷蔵庫などの大型家具・家電以外にも、カーテンやカーペットといったインテリアも備え付けです。インテリアにこだわりのある方は、マンスリーマンションの家具・家電では満足できない可能性があります。

2-4.壁が薄い場合がある

マンスリーマンションは、木造と同等の壁の薄さである物件が多い点にも注意が必要です。
防音性が低い構造で作られていると、足音や風呂・トイレなどの水回りの音、テレビの音といった生活音が漏れてしまうことがあります。

遮音性を重視する場合は、SRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)やRC(鉄筋コンクリート造)のマンスリーマンションを探しましょう。

2-5.住民トラブルが起きやすい

入居する物件にもよりますが、入居者同士のトラブルが起こってしまう場合があります。マンスリーマンションは大半が前金制であり、身元確認ができればすぐに審査が通るため、マナーについて意識の低い入居者もいます。

また、短期滞在を目的に入居している場合は、出張・単身赴任・観光旅行・イベントなど目的が異なります。そのため、生活スタイルや生活時間帯が異なる入居者が多く、ストレスが溜まり入居者間のトラブルが起こりやすい傾向です。

2-6.掃除・洗濯は自分で行う必要がある

ビジネスホテルと比較して、掃除・洗濯を自分で行う必要がある点も、マンスリーマンションのデメリットといえるでしょう。マンスリーマンションは生活に必要な家具・家電などが揃っているものの、一般的な賃貸物件での生活と同じです。

掃除・洗濯などの家事を自分で行うことを手間と感じる場合は、ホテルでの滞在がおすすめといえます。

3.マンスリーマンション以外におすすめの滞在先は?

短期滞在に便利なマンスリーマンションには、以下のようなデメリットがあります。

  • 建物が小さく、古い場合がある
  • 部屋が狭く、インテリアのセンスが良くない場合がある
  • 旧式・廉価版の家具・家電が備え付けられている場合がある
  • アメニティに高級感がない場合がある

もし、マンスリーマンションの利用に魅力を感じられない場合は、サービスアパートメントがおすすめです。サービスアパートメントでは、従来のマンスリーマンションとは一線を画する品質のサービスを利用できます。

大阪への出張時には、サービスアパートメントの「エル・セレーノ大阪堂島レジデンス」の利用をおすすめします。エル・セレーノ大阪堂島レジデンスは、スーツケース1つから入居できる大阪のサービスアパートメントです。

備え付けの家具からカーペットや壁紙といった室内インテリアまで、イタリアの家具ブランドが監修しており、洗練された空間で生活することができます。
また、定期的なルームクリーニング・ベッドメイキング・リネン交換が標準で含まれているため、自分で家事を行う手間を省くことができる点も特徴です。

大阪への出張などの際には、ぜひワンランク上の快適さを実感できるエル・セレーノ大阪堂島レジデンスの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

マンスリーマンションは、初期費用がかからず入居もスムーズに行えますが、一方で一般的な物件よりは家賃が高かったり室内インテリアが選べなかったりします。そのため、短期から中期の滞在先について、選択肢に迷う方が少なくありません。

サービスアパートメントは、ホテルとマンスリーマンションの魅力を掛け合わせたサービスが提供されています。特に大阪方面で滞在先を考えている場合は、「エル・セレーノ大阪堂島レジデンス」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。